www.ciac.jp
株式会社 建設業経営情報分析センター
国土交通大臣登録
経営状況分析機関 登録番号22

トップ >  用語解説 >  減価償却累計額

減価償却累計額 | CIAC.JP | 経営状況分析手数料5千円

減価償却累計額とは、過去に計上した減価償却費の累計額です。

減価償却とは、固定資産の取得価額を、使用期間にわたって分割して費用負担させます。 費用負担分の金額を、固定資産の帳簿価額の減少分として記載します。

減価償却累計額は、減価償却によって費用処理した額(減価償却費)の累計額です。 取得価額から減価償却累計額を差し引いた金額が帳簿価格になります。
    帳簿価額 = 取得価額 - 減価償却累計額

減価償却実施額とは違います

減価償却累計額は、 経営状況分析申請書に記載する減価償却実施額とは違いますので、ご注意下さい。

減価償却累計額も記載して下さい

建設業財務諸表(法人用)では、取得価額と減価償却累計額の両方を記載して、帳簿価額がわかるようになっています。 まれに、減価償却累計額を記載しないで、帳簿価額だけを記載しているケースが見受けられますので、 取得価額と減価償却累計額の両方を記載するようにして下さい。

関連サイト

減価償却については以下のサイトをご覧下さい。

  1. 国税庁 減価償却のあらまし
  2. 国税庁 旧定額法と旧定率法による減価償却(平成19年3月31日以前に取得した場合)
  3. 国税庁 定額法と定率法による減価償却(平成19年4月1日以後に取得する場合)
  4. 国税庁 ソフトウエアの取得価額と耐用年数
  5. 国税庁 減価償却資産の取得価額に含めないことができる付随費用
  6. 財務省令 減価償却資産の耐用年数等に関する省令(e-gov)

経営状況分析トップ
 ・資料請求
 ・お問い合わせフォーム
トピック
 ・初めての経営状況分析申請
 ・経営状況分析申請時に多い修正
 ・経営状況分析申請書に多い修正
必要書類・データ
経営状況分析申請書
経営状況分析結果通知書
サポート
用語解説