www.ciac.jp
株式会社 建設業経営情報分析センター
国土交通大臣登録
経営状況分析機関 登録番号22

トップ >  用語解説 >  貸倒引当金

貸倒引当金 | CIAC.JP | 経営状況分析手数料5千円

貸倒引当金(カシダオレヒキアテキン)とは、 将来回収する見込みの債権に対して回収不能見込額を利益から積み立てておく金額のことです。 万一、回収不能となった場合でも、大きな損失を被るリスクを回避できます。

流動資産の部の貸倒引当金は、受取手形、完成工事未収入金等、流動資産に対する回収不能見込額を計上します。

投資その他の資産の部の貸倒引当金は、長期貸付金等、投資等に対する回収不能見込額を計上します。

貸倒引当金の計上方法

貸倒引当金の計上方法は、以下の3つの方法があります。

  1. 個別法
      金銭債権1件ごとの回収不能見込額を合算。
  2. 一括法
      金銭債権の期末残高に対して一定の割合で計算。
  3. 個別法と一括法の組み合わせ
      金額の大きな債権は個別法で、それ以外は一括法など。

貸倒損失

貸倒損失は、貸倒(損失)が発生した場合に計上します。 貸倒引当金がある場合には、貸倒引当金を取り崩して、それでも不足する場合には、貸倒損失に計上します。

貸倒引当金繰入額

貸倒引当金繰入額は、貸倒引当金を増やす(繰り入れる)場合に計上します。

貸倒引当金戻入額

貸倒引当金戻入(モドシイレ)額は、貸倒引当金を減らす(戻し入れ)場合に計上します。 貸倒引当金戻入額は、貸倒引当金戻入または貸倒引当金戻入益とも言われます。

貸倒引当金戻入益は、過去に特別利益として計上されていましたが、 現在は原則として営業費用又は営業外費用から控除するか営業外収益として計上します。

関連サイト

貸倒引当金の詳細については以下のサイトをご覧下さい。

  1. 国税庁 一括評価金銭債権に係る貸倒引当金の設定
  2. 国税庁 一括評価金銭債権に係る貸倒引当金の対象となる金銭債権の範囲
  3. 日本商工会議所 中小企業の会計に関する指針(PDF)

経営状況分析トップ
資料請求フォーム
お問い合わせフォーム
初めての経営状況分析申請
経営状況分析申請時に多い修正
経営状況分析申請書に多い修正
経営状況分析申請
・経営状況分析申請手順
・必要書類・データ
経営状況分析申請書
経営状況分析結果通知書
経審ソフト 経審大臣(R)フリー版