www.ciac.jp
株式会社 建設業経営情報分析センター
国土交通大臣登録
経営状況分析機関 登録番号22

トップ >  経審ソフト 経審大臣(R)フリー版 >  フリー版で入力したデータを製品版で利用

フリー版で入力したデータを製品版で利用

経審大臣(R)フリー版で入力したデータを、経審大臣(R)製品版で利用するには、以下のように行って下さい。

  1. データのバックアップ又はデータコピー
  2. 経審大臣(R)フリー版の削除(アンインストール)
  3. 製品版のインストール
  4. バックアップデータの復元

1.データのバックアップ又はデータコピー

経審大臣(R)フリー版を削除(アンインストール)しても、通常、データファイルが消えることはありませんが、 念のため、バックアップを行ってバックアップファイルを作成又はZIPバックアップファイルを作成するか、 データファイルをUSBメモリ等にコピーしておくことをお勧めします。

Ver 13.0では、以下のフォルダに複数のファイルとして保存されます。
   パブリックのドキュメント¥KeisinFree¥Data¥001

旧バージョンのデータファイルは、以下のファイルになります。
   パブリックのドキュメント¥KeisinFree¥Data¥KeisinFree.kck

インストール時に「○このユーザのみ」を選択した場合には、「パブリックのドキュメント」ではなく、 「(ユーザ名の下の)ドキュメント」フォルダになります。

2.経審大臣(R)フリー版の削除(アンインストール)

トラブル防止のため、経審大臣(R)フリー版を削除(アンインストール)して下さい。

経審大臣(R)フリー版の削除(アンインストール)は「コントロールパネル-プログラムと機能」から行って下さい。 詳細は、マニュアル「セットアップガイド」をご覧の上、「経審大臣(R)フリー版」と読み替えて行って下さい。

3.製品版のインストール

製品版のディスクを使って、インストールを行って下さい。 詳細は、マニュアル「セットアップガイド」をご覧下さい。

4.バックアップデータの復元

フリー版でバックアップをとったZIPバックアップファイルから復元を行って下さい。 あるいは、製品版のデータフォルダに直接データファイルをコピーして頂いても構いません。

1社の会社データを移行するだけなら、フリー版で「ZIPファイルに個別バックアップ」を行ったファイルから 「ZIPフィルから個別復元」を行って頂いても構いません。

旧バージョンデータを取り込むには、こちらの データ交換「旧バージョンデータ取り込みは拡張子kckのデータファイルを先に作成すると便利」をご覧下さい。

翌年のデータ入力

翌年のデータを入力するには新年度追加(年度繰り越し)を 行って下さい。新年度の財務諸表入力と評点算出が行えます。

お知らせ・ご注意

  1. 製品版でバージョンアップサービス期間内の場合には、 経営状況分析申請でバージョンアップサービス期間が延長になります。
  2. データフォルダについてはこちらをご覧下さい。

トップ
資料請求
郵便振替用紙請求
分析申請
分析手数料
銀行振込
申請書
区分コード表
許可番号コード
必要書類
法人
個人
建設業財務諸表
消費税の扱い
申請時に多い修正
経営状況分析申請書
減価償却実施額
建設業財務諸表
結果通知書
サポート
経審大臣(R)フリー版
操作方法
更新情報
動作環境
翌年には案内郵送
使用期限更新
機能制限
バージョンアップのご注意
FAQ(よくある質問)
国土交通省 通知等
用語解説