(株)建設業経営情報分析センター
T4012801014025 
国土交通大臣登録
経営状況分析機関 登録番号22

トップ >  FAQ(よくある質問) >  経審大臣®フリー版 >  経営規模等評価申請書 >  その他 >  研究開発費

研究開発費はどういった場合に計上できますか?

Q

研究開発費はどういった場合に計上できますか?

A

研究開発費は、会計監査人設置会社に限定して、公認会計士協会の指針等で定義された研究開発費の金額を計上することができます。 このため、会計監査人設置会社でない比較的小さな会社の場合には金額計上できません。 研究開発費は「0」で申請するケースが圧倒的多数になります。

研究開発費の評価

  1. 研究開発費は、その他評点(W)の中の 研究開発の状況点数(W6)で評価します。
  2. 研究開発費は、常に2期平均値で評価します。

お知らせ・ご注意

  1. 審査がスムーズに進むポイントはこちらをご覧下さい。
  2. 消費税課税事業年度は税抜金額での申請が必須です(経審申請する場合)。
  3. 審査基準日が1年以上前の経営状況分析申請は受け付けできません
  4. インボイスが必要な場合はこちらをご覧下さい。
  5. 経営規模等評価申請時の申請書についてご不明な点がございましたら、 申請先の許可行政庁のウェブサイト等をご覧になるか、直接、申請先の許可行政庁に確認して下さい。
  6. 経営状況分析は、主に財務諸表の金額を元に審査を行います。 このため、経営状況分析審査終了後に、 財務諸表以外の「評点算出」画面で入力・変更を行う 種類別完成工事高・技術職員数等の変更は、自由に行って頂いて構いません。
  7. 印刷・プレビュー・PDF作成がうまく動作しない場合には、 「環境設定」画面「使用するプリンタ」の選択が正しいか、確認して下さい。
  8. パソコンの調子がわるい場合にはこちらをご覧下さい。

トップ
資料請求
経審(経営事項審査)の解説
 ・令和5年8月14日以降
建設業財務諸表の解説
分析申請
申請手順
分析手数料
初めての申請
新設法人の申請
申請書
処理の区分①
処理の区分②
大臣知事コード
結果通知書
発送
必要書類
建設業財務諸表
消費税の扱い
申請時に多い修正
サポート
インボイスの発行
経審大臣®フリー版
操作方法
FAQ(よくある質問)
用語解説