www.ciac.jp
株式会社 建設業経営情報分析センター
国土交通大臣登録
経営状況分析機関 登録番号22

トップ >  用語解説 >  工事進行基準

工事進行基準 | 用語解説 | CIAC.JP

工事進行基準は、工事の進捗状況によって、決算期ごとに売上と原価を計上する会計方式です。 工事進行基準を適用するには、工事の進捗部分について成果の確実性(適用要件) が認められる必要性があります。

一方、工事が完成して引き渡し時に、売上と原価を計上する方式は、工事完成基準です。

法律上、原則として工事進行基準を適用とされていますが、 工事進行基準を適用する場合には、工事の進捗部分について完成工事高と工事原価について確実性が要求されます。

このため、小規模な建設会社については、 工事完成基準の適用が一般的です。

注記表の記載例

注記表の記載例はこちらをご覧下さい。

関連情報

  1. 日本公認会計士協会 「工事進行基準等の適用に関する監査上の取扱い」の公表について

トップ
資料請求
経審(経営事項審査)の解説
 ・令和2年4月改正
 ・令和3年4月改正案
建設業財務諸表の解説
分析申請
受審に係る特例措置
申請手順
分析手数料
初めての申請
新設法人の申請
申請書
処理の区分①
処理の区分②
大臣知事コード
結果通知書
発送
必要書類
建設業財務諸表
消費税の扱い
申請時に多い修正
経営状況分析申請書
減価償却実施額
建設業財務諸表
サポート
関連サイト
経審大臣®フリー版
操作方法
更新情報
FAQ(よくある質問)