(株)建設業経営情報分析センター
T4012801014025 
国土交通大臣登録
経営状況分析機関 登録番号22

トップ >  経審(経営事項審査)の解説 >  経審改正(経営事項審査改正) >  令和2年4月経審改正

令和2年4月経審改正 | 経審(経営事項審査)の解説

令和2年3月31日官報掲載の国土交通省令等で、経審改正が告示され、令和2年4月1日施行になりました。

令和2年4月1日施行の技術職員数(Z1)改正では、建設キャリアアップシステム(CCUS)のレベル判定を活用して、 優れた技能者を雇用する企業を評価します。 具体的な変更内容は以下の通りです。

  1. CCUSレベルと判定された者について、 「登録基幹技能者」同等のレベルとして評価し、3点の評点を付与します。→ レベル4技能者、コード:704
  2. CCUSレベルと判定された者について、 「技能士1級」同等のレベルとして評価し、2点の評点を付与します。→ レベル3技能者、コード:703

技術職員区分についてはこちらをご覧下さい。

建設キャリアアップシステム運用開始5年で全ての技能者の登録を目標

国土交通省は、建設キャリアアップシステム(CCUS)運用開始初年度で100万人の技能者の登録を、 5年で全ての技能者(330万人)の登録を目標にしています。

お知らせ

  1. 令和2年4月改正では、経営状況分析に関する改正はありません。

トップ
資料請求
経審Top
経審改正
 ・令和5年8月14日以降
経審申請
経営状況分析申請
経営規模・総合評定値
総合評点(P)
完工高(X1)
X1テーブル
経営規模(X2)
X21テーブル
X22テーブル
経営状況(Y)
8指標
営業キャッシュフロー
技術力(Z)
技術職員数点数(Z1)
Z1テーブル
元請完工高点数(Z2)
技術職員資格区分
その他(W)
担い手の育成確保(W1)
営業継続点数(W2)
防災協定点数(W3)
法令遵守状況点数(W4)
建設業経理の状況(W5)
研究開発の状況(W6)
建設機械の保有(W7)
国際標準化の登録(W8)