www.ciac.jp
(株)建設業経営情報分析センター
国土交通大臣登録
経営状況分析機関 登録番号22

トップ >  サポート >  決算書類に明らかな問題が見つかったとき

決算書類に明らかな問題が見つかったとき

決算書類に明らかな問題が見つかったときは、審査できない場合もあります。

経営状況分析の審査は、正しい決算書類が存在するという前提で、審査を行います。 正しい決算書類がない場合は、審査できません。 正しい決算書類の作成は、税理士の先生に依頼して下さい。

決算書類に明らかな問題が見つかったケース

決算書類に明らかな問題が見つかったケースは、建設会社の方が、ご自身で決算書類を作成し、 専門知識を持った税理士の先生などのチェックを受けていない場合などです。

お知らせ・ご注意

  1. 決算書類に問題が見つかった場合、内容確認のため、多数の追加書類を何度も提出して頂く場合があります。
  2. 決算書類に明らかな問題があって、審査できない場合でも、分析手数料の返金はできません。
  3. 虚偽の申請が疑われる場合には、 結果通知書の発行まで1ヶ月以上かかることがあります。

トップ
資料請求
経審(経営事項審査)の解説
 ・令和5年1月改正
建設業財務諸表の解説
 ・令和4年3月改正
分析申請
申請手順
分析手数料
初めての申請
新設法人の申請
申請書
処理の区分①
処理の区分②
大臣知事コード
結果通知書
発送
必要書類
建設業財務諸表
消費税の扱い
申請時に多い修正
経営状況分析申請書
減価償却実施額
サポート
関連サイト
経審大臣®フリー版
特徴
操作方法
FAQ(よくある質問)
用語解説