www.ciac.jp
株式会社 建設業経営情報分析センター
国土交通大臣登録
経営状況分析機関 登録番号22
キャッシュレスで5%還元

トップ >  建設業財務諸表 >  消費税の扱い >  税込金額から税抜金額への修正

税込金額から税抜金額への修正

税務申告時の財務諸表が税込の場合は、 消費税課税事業年度の決算期は税抜金額に修正して、 建設業財務諸表を作成することが必須です(経審申請する場合)。

消費税に関する「課税/非課税/対象外」等の属性は、科目あるいは仕訳ごとに異なります (消費税区分についてはこちら)。 税込金額から税抜金額への修正は税務申告書を作成された税理士の先生へご相談されることをお勧めします。

税込金額を全て、単純に(1+消費税率)で割った金額で提出されたケースがありましたが、正しい金額が入力されていないと審査できません。

損益計算書だけを税抜金額に修正して提出して頂いても構いません

税抜金額に修正する場合には、損益計算書だけを税抜金額に修正して提出して頂いても構いません。 その他の貸借対照表、株主資本等変動計算書、完成工事原価報告書、兼業事業売上原価報告書は、税込金額のままで提出して頂いても結構です。

この場合には、損益計算書とその他の財務諸表間で、金額不一致になることがありますが、やむを得ないことです。

お知らせ・ご注意

  1. 税込金額から税抜金額に修正した場合には、税抜金額の残高試算表あるいは算出過程が記された書類等の提出もお願いする場合があります。
  2. 消費税の扱いについてはこちらをご覧下さい。

トップ
資料請求
郵便振替用紙請求
経審(経営事項審査)の解説
建設業財務諸表の解説
分析申請
申請手順
分析手数料
 ・キャッシュレスで5%還元
初めての申請
申請書
処理の区分①
処理の区分②
大臣知事コード
結果通知書
必要書類
建設業財務諸表
消費税の扱い
消費税区分
税込から税抜への修正
仮勘定
申請時に多い修正
経営状況分析申請書
減価償却実施額
建設業財務諸表
サポート
関連サイト
経審大臣(R)フリー版
操作方法
FAQ(よくある質問)
国土交通省 通知等
用語解説