www.ciac.jp
株式会社 建設業経営情報分析センター
国土交通大臣登録
経営状況分析機関 登録番号22

トップ >   建設業財務諸表

建設業財務諸表 | CIAC.JP | 1月から分析手数料7千円

財務諸表は、経審ソフト経審大臣(R)シリーズを使用して、 税抜で入力して下さい(免税事業年度は税込で入力)。 ソフトお持ちでない場合は、資料請求でフリー版ソフトを無料でお送りしています。

経審を受ける場合は、消費税課税事業年度分は税抜 で申請することが必須になります。 消費税の扱いについてはこちら税込金額から税抜金額への修正についてはこちらをご覧下さい。

法人(単独決算)

法人(単独決算)の場合は、以下の財務諸表が必要です。

  1. 貸借対照表【様式第15号】
  2. 損益計算書【様式第16号】
  3. 完成工事原価報告書【様式第16号】
  4. 株主資本等変動計算書【様式第17号】
  5. 注記表【様式第17号の2】
  6. 兼業事業売上原価報告書【様式第25号の9】
    (*)損益計算書に兼業事業売上原価が計上されている場合のみ必要です。

勘定科目の仕訳 建設業財務諸表勘定科目仕訳をご覧になり、 適切な科目に振り分けて、入力して下さい。

注記表も必ず入力して下さい(入力箇所はこちら記載例注記表記載例)。

個人

個人の場合は、以下の財務諸表が必要です。

  1. 貸借対照表【様式第18号】
  2. 損益計算書【様式第19号】
  3. 兼業事業売上原価報告書【様式第25号の9】
    (*)損益計算書に兼業事業売上原価が計上されている場合のみ必要です。

勘定科目の仕訳 建設業財務諸表勘定科目仕訳をご覧になり、 適切な科目に振り分けて、入力して下さい。

連結決算

連結決算の場合は、 経審大臣(R)シリーズを使用して、 連結最少入力または 連結財務諸表入力機能を使用して 3期分入力して下さい。

連結財務諸表を入力する場合には、以下の連結財務諸表を入力する必要があります。

  1. 連結貸借対照表
  2. 連結損益計算書
  3. 連結株主資本等変動計算書

連結財務諸表(連結貸借対照表、連結損益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュフロー計算書)の コピーも送付して下さい。 初回申請時は3期分、2回目以降は審査基準年のみで結構です。

連結財務諸表がウェブサイト上に公開されている場合には、連結財務諸表のURL(ウェブサイトアドレス)をお知らせ頂ければ結構です。

お知らせ・ご注意

  1. 財務諸表に多い修正箇所はこちらをご覧下さい。
  2. 間違って追加されることが多い勘定科目はこちらをご覧下さい。
  3. 建設業財務諸表の解説はこちらをご覧下さい。
  4. 建設業財務諸表に関するFAQ(よくある質問)はこちらをご覧下さい。
  5. 現在は使用されない勘定科目・仕訳についてはこちらをご覧下さい。
  6. 連結対象の子会社が、 単体で建設業許可を要する工事の受注を行う場合には、単独決算として申請して下さい。
  7. 合併、譲渡、会社分割、経営再建があった場合には、事前に許可を受けた行政庁にご相談下さい。

トップ
資料請求
経営状況分析申請時に多い修正
初めての経営状況分析申請
経営状況分析申請
・必要書類・データ
・分析手数料と振込口座
経営状況分析申請書
経営状況分析結果通知書
経審ソフト 経審大臣(R)フリー版